夫の変化:お金のことに興味を持ち始めた『お金の大学』本当の自由ゲット!

昨夜のこと、夫がぽつりと言いました。

あのライオンの本、俺も読んでみたいなぁ

『じゃぁ、明日、買ってくるからねっ!』

能動的な変化が起きた!

驚きました。

結婚して15年くらい経ちますが、お金の管理は妻まかせ。

というタイプでした。そして私もたまにパートには出ますが、ほぼ専業主婦のようなものなので、圧倒的に夫より時間があります。

当然の流れのように、私が家計管理をしておりました。

その夫が自分の口からマネー本を読みたいと言ったのです!

夫婦共に数か月前から少しずつ変化開始

そんな同じくアラフィフ夫ですが、結婚して以来ほぼ忙しくしていました。

おそらく忙しいサラリーマンにはよくあるタイプだと思います。

夫はまじめによく働くタイプの人。そして残業が多い仕事なのです。

私が、昨年の10月頃からリベ大学の両学長の動画をYouTubeでみつけて、
本気でお金に向き合おうと決めて固定電話の休止とかお金にまつわること、
今できることは改善したり、変更したりしてきました。

資産管理

妻マネーフォワード導入前:
月に一度の資産管理をして資産総額を計算して夫に報告していました。

妻マネーフォワード導入後:
『今はこういう状況だよー。』とアプリの画面を見せて現状を伝えていました。

現在:
夫のスマホにもマネーフォワード導入。夫婦そろってお金情報共有。
夫も見たいときにいつでも見れる状況

このようにしてきたら、だんだんと夫が我が家のお金事情に興味を持ち始めてきました。

そして、昨夜リベ大の書籍『お金の大学』が読みたいと言ったのです。

ということで、私は翌日午前中には書店に行って購入してきました!

かつての私も忙くお金と向き合う時間が少なかった

私もかつてはフルタイムで仕事をしていました。
結婚後も夫婦共働きでフルタイムで仕事をしていた時代を思い出すと時間的に余裕がなかったなぁと感じます。

かといって、共働きをしているほうが経済的には余裕がありました。
毎年のように海外旅行に行ったり、国内旅行も楽しんだりしていました。
マンション購入したり、
また昔は車を所有していました。
そして、不妊治療にお金をかけたり、

お金をたくさん使っていましたね。

そして、忙しくて夫婦で共にお金に向き合う時間は少なかったなぁと思います。

不妊治療にお金がかかり始めてから、車の所有を止めて、レンタカー利用へしました。
不妊治療はとてもお金がかかりますからね。
我家は交通の便が良いので、日常生活には困らないのです。

また夫の職場は徒歩や自転車通勤圏内ですから車を止めても即困ることはありません。

また、サンデードライバーだったので、なおさらです。

駐車場や税金や保険モロモロ、年間の維持費を考えるとレンタカーやタクシーのほうがよほど安いのです。

そして、住宅ローンを完済したら私のフルタイム勤務を止めることにしました。

本当の自由を手に入れるために

夫は今仕事が少し落ち着いて、比較的早く帰れる日が増えたことも良かったのではないかと思います。

家に帰って風呂に入って飯食って寝る

という生活がほとんどでしたから。

そして、去年までは午前様は当たり前、土日祝も出勤する日が出ていました。
ブラックですね(笑)。

夜の9時、10時に帰宅しても、
『今日は帰りが早いね』なんて会話していたのです。

ちょっと異常ですね。

最近は『なんだか、余裕がありすぎる』と言っています。

もう少し負荷が欲しいなんて言っています(笑)。
体力のある人ですね。

そんな風に余裕のある時に知ったのが、
YouTubeで中田敦彦のYouTube大学で紹介されていた
『お金の大学』です。

夫は、経済的自由について考え始めたようです。

今は、同じく中田あっちゃんのYouTube大学で紹介されていた書籍
「空腹」こそ最強のクスリ [ 青木厚 ]を二人で実践しています。

健康もお金も大事ですよね。

さいごに

夫は、最近FIREということを知り、興味を持ち始めています。
「Financial Independence(経済的自立), Retire Early(早期退職)」

いままで、あまり疑問に持たなかった『働き方』についても少し考え始めている様子です。

一方で、今まで、サラリーマンとして生活してきた時間が長いためか

『でもファイア―したら、何したいかがわからない』って言っていました。

セミリタイアとか、サイドファイア―っていう道もあるんだよ。

って伝えています(笑)。

もちろん、今の仕事が楽しいのならば、続けているのも幸せだと思います。

今住んでいるマンションを売って賃貸で小さく住まうことも考えてみようかぁなどなど、いろいろな選択肢が広がっています。

夫のなかで、選択肢が広がったことが良かったなぁと思った夜でした。

ここまでお読みくださってどうもありがとうございました。

以下の動画も参考になさってください!

*******************

Amazonは▼▼▼コチラ▼▼▼

楽天ブックスは▼▼▼コチラ▼▼▼

▼▼▼▼両学長 リベラルアーツ大学

本当の自由を手に入れる お金の大学 [ 両@リベ大学長 ]

スポンサーリンク
Simplicityのレクタングル広告(大)
Simplicityのレクタングル広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
Simplicityのレクタングル広告(大)