「空腹」こそ最強のクスリ 16時間断食5日終了6日目の途中経過の感想です。

きっかけは中田敦彦さんのYouTube大学。

「空腹」こそ最強のクスリ 』の放送に影響されて16時間が空腹タイムを作ることにしました。
空腹になったら『ナッツをカリッ!』としています!

本日で5日終えて6日目に突入した空腹生活!です。私の現在の状況をシェアしたいと思います。

最初はまぁまぁ辛い

いつも、何かしら口に入れてしまう生活を続けてきた私。
かといって、きっちりと3食食べていた生活を送っているわけでもないのです。

今までの食生活はテキトー

また一方では、おなかが減っていないのに、食べることもありました。
まさに、テキトーな食生活ですね。

そうかと思えば、夫が帰宅したらおなかがそれほど減ってもいないのに、夕飯を一緒に食べることもしていました。

朝・おやつ・昼・おやつ・夕食・おやつ。なんてことも!(想像したら食べすぎだし、内臓が休まりませんね。反省。)

おいおい、年がら年中たべているではありませんか!
反省!!!!

食べない時間をつくることで意識が変わり行動が変わった

8時間の間に食事をすることになるので、自然と食事の回数が減ってきます。

また食事内容も変わってきます。

16時間開けたあとの最初の一口には私の体が喜ぶものを入れたい

って思うようになりました。

『ここまで、我慢したんだ、自分の喜ぶ食べ物食べたい!』って思うわけです。

最初の一口目はリンゴを食べることが多いですね。
季節的にも、リンゴがおいしいですからね。

空腹のときのリンゴって数倍おいしい!
幸せ度爆上げです(笑)。

そして、なるべく栄養吸収が良いだろうし、無添加のおしいものを体に入れたいのです。
私の食に対する意識が変わったのです。

今まで多くのモノを摂りすぎていて、本当に自分の体が喜ぶもの、欲しているものに対して鈍感になってきていたのですね。
体に良いと思って、たくさん食べすぎていた。

これって、私の今やっている1年間洋服を買わないチャレンジにも似ています。

何かをやめることで、本当に大切なもの、本当に必要なものを見つける作業です。

いつの間にか人間は多くのモノを選択をしてきたのですね。

空腹感から体の声を聴き自分と向き合える

よ~く自分の体の声を聴いて食事をしようと思っています。

今、私は何が食べたいのか?そもそも、お腹は空いているのか?

今までの自分は、
手元におせんべいやチョコレートなどのお菓子があれば食べていた。
ってことがしょっちゅうでした。

ただ、今は、本当に欲しいのかどうか?必要なのかどうか?自分の体に確認をしています。

自分の体なのに、鈍感になったり、聞こえないふりをしたりしていたんです。

一方で、本当に欲しいものは食べたいなと思っています。

ホットクックでのおいしい夕飯を自動調理して楽しんでいます。
ホットクックでつくるクリームシチュー本当においしい~。
シャープの皆様やおいしい調理方法を教えてくれる勝間和代さんにはいつも感謝!

貴重な食事タイムがおいしくて楽しいです!

さいごに

途中経過をまた記事にしたいと思います。

アレルギー体質を改善したくて始めたことですが、結果自分の体と心に向き合えています。

足るを知ることも、幸せに感じる心を育てているようです。

そして、1回1回の食事がとても大切に感じられるようになりました。
おいしいものをおいしくいただく。

今は、16時間経過したので、オートファジーが活動し始めています。
新しい細胞へ生まれ変わっていると想像するだけで楽しいです!

心身ともに健康になれている実感があります。

参考)

ぜひまだ、中田敦彦さんのYouTube大学みたことないよーって方は、ご覧くださいね。
楽しく、面白く本当に勉強になります。

【空腹こそ最強のクスリ】動画の前編・後編はこちら

https://youtu.be/qxUwrcI79RU
https://youtu.be/BMN1b5Q7Gpw

参考文献: 「空腹こそ最強のクスリ」青木厚(アスコム)

コンビニでもどこでもナッツは手に入ってとっても便利ですね。

私は、▼▼▼こちらのナッツ【無塩】を食べています。

スポンサーリンク
Simplicityのレクタングル広告(大)
Simplicityのレクタングル広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
Simplicityのレクタングル広告(大)