私の体の悩み:アレルギー体質の私:じんましん、花粉症を治したい!

私は、アレルギー体質。

これは、30代になって顕著になってきました。

恐ろしい過去、カニアレルギーから気づきが始まった!

いや、もっと早くから始まっていたのかもしれません。

私はもともと、カニは大好き。
カニの刺身とか、焼きガニとか、鍋とかおいしくいただいていました。
あ~想像しただけでおなかが減ってくる~

そして、1泊2日で出かけていた時に、夜は食事に出かけました。
オシャレな雰囲気のパスタがおいしいお店です。
私が注文したのは、『ワタリガニのトマトソースパスタ』
おいしかったのです。

しかし、食べてから30分程度で、全身がかゆくなってきました。

『???』

でも、同じメニューを食べた知人は元気です。

あれ?って思っていたら、見た目も変化していた、私を見て、
『それ、アレルギーじゃない?!』っていうのです。

その後がさらに大変でした。

脚の先から頭のてっぺんまでかゆくなり、腫れあがりました。とうとう、鼻も塞がれて、鼻呼吸ができません!

口呼吸で、その時すぐに医者に行くべきでしたが、何も知らない私は、行くという選択肢がなかったのです。

嘔吐下痢を繰り返し、全身パンパンで赤く腫れあがり、かゆくてたまりません!

でも、なんとか、一晩で状況が少し落ち着いて、次の日は、なんとか家に帰ることができました。

これって、アナフィラキシーショックだったんです。

アレルギー体質と判明

後日、医者でアレルギー検査をしたところ、かなりのアレルギー体質と判明。

小麦だめ、カニダメ。
他にもいろいろなダメがありました。

カニは、かなり痛い目に合っているので、その後は手を付けていませんが、普通にパンを食べるなど小麦粉には無頓着にしていました。

そして、なんと20年弱生活をしていました。

なぜかエビは大丈夫でした。

36才花粉症と黄砂に悩まされる

夫の仕事の関係で西日本に引越しをしてから、春先にいつも咳が出て止まりません。

風邪かなと思っていたので、内科に行って風邪薬をもらって飲んでいましたが、なかなか良くならないのです。

でも、そんな私に義理の母が

『それ、ひょっとして、アレルギーかもしれないよ、耳鼻咽喉科に行ってみなよ』ってアドバイスをくれたのです。

そして、耳鼻咽喉科へ行ったら、なんと、花粉症だということが判明。

なるほど、どうりで春先はいつも風の症状が出ていたわけです。そして長引く。

春はまだ冷えるので、寒暖差もあり、体調を崩しやすい季節。
だからこそ、風とアレルギーの違いが分かりにくいところもあります。

そして、アレルギーテストで、イネ科の植物やブタクサ、ヒノキなどのアレルギーがわかりました。

毎年、2月から5月の連休辺りまではアレルギー薬を飲み続ける毎日が続いていました。

49才謎の慢性じんましんに悩まされる

49才になり、体の柔らかいところに、じんましんができるようになりました。
首、胸、おなかとか、お尻とか、内ももとか、腕の内側の柔らかい部分です。

実は私、去年の2月ごろから厳格にではなくゆるっとグルテンフリーをしています。
小麦粉のアレルギーではなさそうです。

顔には出ないので、私の痒さは見た目では全くわかりません。

でも、全身がかゆくてかゆくてそして、蚊に刺されたときに塗るムヒを塗ったり薬局で塗り薬を買ってしのいでいました。

24時間は症状は続かないのですが、少し当たったりした刺激や、寝ているあいだにパンツが擦れてかゆくなるとか、最初のころは眠れないことも辛かったです。

花粉症でもらった時の余りの薬を飲んでみたら、腫れ痒みがおさまったので薬を飲んでしのいでいました。

こんな状況がかなり長く続きました。3か月くらいは我慢していました。

医者に行ったほうがいいとは思うのですが・・・私は行きませんでした。

今の私の対処法

薬局で市販されているアレルギー薬を飲んでいます。

病院ではジルテックという薬が処方されていたので、それと同じ有効成分をもつ

コチラを飲んでいます。

服用前は必ずかかりつけの医師にご相談してくださいね。

今は、毎日ではなく症状が出た時に飲んでいます。

私の人体実験『「空腹」こそ最強のクスリ 』

でも、毎日薬を飲むって本当に不便です。旅行中は薬を持ち歩かないといけないし、飲み忘れもしないように注意する必要があります。

そんな悩みを持つ私に刺激を与えてくれたYouTube動画がありました。

中田敦彦さんの【空腹こそ最強のクスリ②】空腹時間が病気を遠ざける

を視聴ました。

何を食べるかではなくて、『空腹の時間を増やすことが大事!』ということでした。

その空腹時間は16時間とのことです。
現代人は食べすぎているとのことです。
内臓は10時間で消化吸収する。そして、6時間は休ませる良いとのこと。

そして、16時間経つとオートファジーがおこるのです。
ざっくりですが、古い細胞を新しい細胞に生まれ変わらせるとのことです。
人間の体ってすごい!

これにより、アンチエイジングにも期待できるとのことです。

また、やり始めて3日目。

私の悩みである、慢性蕁麻疹治ってほしいです。

まだまだ様子見中ですが、しばらくこの生活を続けてみようと思います。

さいごまでお読みいただきましてありがとうございました。

スポンサーリンク
Simplicityのレクタングル広告(大)
Simplicityのレクタングル広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
Simplicityのレクタングル広告(大)